下小田中小学校PTA

川崎市立下小田中小学校内 PTA事務局
shimokodanaka.es.pta@gmail.com
下小田中小学校

下小田中小学校PTA会則

川崎市立下小田中小学校PTAの会則を掲載します。

川崎市立下小田中学校PTA規約

第1章 総 則
第1条(名称・事務局)
この会は、川崎市立下小田中小学校PTAといい、事務局を川崎市立下小田中小学校におく。
第2条(目的)
この会は保護者と教員とが協力して、家庭・学校・社会における児童の幸福な成長をはかることを目的とする。
第3条(活動)
この会は、前条の目的を達成するために、次の活動を行う。
1、児童の保護育成を行い、福祉の増進をはかる。
2、会員の教養を高め教育に対する理解を深める。
3、学校と家庭との連絡を緊密にし、会員相互の親睦をはかる。
4、学校環境の整備をはかる。
5、その他目的達成に必要な事項。
第4条(方針)
この会は、教育を本旨とする民主団体として良識ある行動をとり、次の方針に従って運営する。
1、児童・青少年の教育ならび福祉のために活動する他の団体及び機関と協力する。
2、この会またはこの役員の名で、政治活動・宗教活動・営利活動は行わない。
3、学校の人事・管理等には干渉しない。
第5条(個人情報保護)
この会は、個人情報の保護のため、必要な個人情報の取得、利用及び管理については、常に適正な方法をもって行う。

第2章 会 員
第6条(会員の資格)
この会の会員は、次の通りである。
1、正会員 児童の保護者および教員。
2、賛助会員 この会の趣旨に賛同する者。

第3章 会計
第7条(会費)
この会の会員は、会費を納めるものとする。会費は一世帯、月額300円とする。ただし、会費は総会の承認を経て増減することができる。
第8条(経費)
この会の経費は、会費・寄付金・その他の収入によって支弁される。
第9条(会計年度)
この会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第4章 役 員
第10条(役員と定員)
この会の役員は次の通りである。
会長1名(保護者)、副会長4~5名(保護者)、会計2名(保護者) 書記若干名(保護者若干名、教員1)、区P担当1名(保護者)
(顧問)
顧問として校長、教頭をおく。
第11条(会長の職務)
会長は次の職務を行う。
1、この会を代表し、会務を統括する。
2、総会・運営委員会を召集する。
3、必要により、特別委員会を編成し、委員を委嘱する。
第12条(副会長の職務)
副会長は、会長を補佐し、会長事故ある時は、その職務を代行する。
第13条(会計の職務)
会計は次の職務を行う。
1、総会で決定した予算にもとづいて、会計事務を処理する。
2、総会において会計報告をする。
3、この会の財産を管理する。
第14条(書記の職務)
書記は次の職務を行う。
1、総会・運営委員会の議事及びこの会の活動に関する重要事項を記録する。
2、通信・連絡・書類の保管その他必要な庶務を行う。

第5章 会計監査委員会
第15条(任務と定員)
この会の経理を監査するため、3名の会計監査員をおく。選出の方法は細則で定める。
第16条(監査の時期)
会計監査委員会は、定期(中間決算期・期末決算期)の会計監査を行うと共に、必要に応じて監査を行うことができる。

第6章 役員及び会計監査委員候補者推薦委員会
第17条(任務)
役員及び会計監査委員の候補者を推薦するため、役員及び会計監査委員候補者推薦委員会(以下推薦委員会という)をおく。
第18条(構成と選出)
推薦委員会の構成と選出方法は細則で定める。
第19条(任期)
推薦委員会は、その任務が終了したときに解散する。

第7章 総 会
第20条(構成と性格)
総会は、全会員をもって構成され、この会の最高議決機関である。
第21条(種別)
総会は定期総会及び臨時総会である。
第22条(定期総会)
定期総会は次の通り開催する。また、総会は、集会・書面などの開催の方法は問わない。
年度始め総会(5月) 前年度事業報告・会計決算報告・本年度事業計画・予算の承認その他。
年度末総会(3月) 翌年度新役員、会計監査員及び委員長の承認その他。
開催の時期については、社会情勢などを考慮し時期の調整を妨げるものではない。
第23条(臨時総会)
臨時総会は次のように開催する。
1、運営委員会が必要と認めたとき。
2、会員の5分の1以上が必要と認めたとき。ただし、この場合の手続きは、細則の定めるところによる。
第24条(議案の通告)
総会の議案は、5日前までに全会員に通知するものとする。
第25条(成立と議決)
総会は、会員の5分の1以上の出席をもって成立する。ただし委任状を認める。また、総会の議事は、出席者の過半数の賛成をもって議決する。
書面総会の場合は、提出者の過半数の賛成をもって成立する。

第8章 運営委員会
第26条(構成と任務)
運営委員会の構成と任務は、次の通りである。
1、運営委員会は、役員・各常任委員会正副委員長・顧問をもって構成する。
2、運営委員会は、この会に必要な事項を処理し、各常任委員会活動の審議調整をはかると共に、総会に提出する議案を作成する。
第27条(会議)
運営委員会は毎月1回開くことを原則とし、また、必要に応じて臨時に開くことができる。

第9章 常任委員会・特別委員会
第28条(常任委員会)
常任委員会は、この会に必要な事項について、調査・研究・企画立案及び実行にあたる。常任委員会について必要な事項は、細則で定める。
第29条(特別委員会)
特別な事項について、運営委員会が必要と認めたときは、特別委員会を設けることができる。特別委員会の委員長は、在任期間中運営委員会に出席する。特別委員会は委員長が召集し、その任務が終了した時に解散する。
第30条(任務の実行)
常任委員会・特別委員会の活動は、運営委員会の活動を経て、実行に移される。

第10章 規約改正
第31条(規約改正)
この規約は、総会において、出席者の3分の2以上の賛成をもって成立する。書面総会の場合は、提出者の3分の2以上の賛成をもって成立する。ただし、改正案は、総会の開催5日前までに全会員に知らせなければならない。

第11章 付 則
第32条(役員・委員の任期)
役員及び委員の任期は1年とし再任をさまたげない。
第33条(各常任委員会の成立の議決)
各常任委員会は、構成委員の半数以上の出席をもって成立する。
第34条(細則及び規則の制定・改廃)
細則及び個人情報取扱規則の制定・改廃は、次の通り行われる。
1、この会の運営に必要な細則は、運営委員会の議決を経て定める。
2、この会の個人情報の保護に必要な個人情報取扱規則は、運営委員会の議決を経て定める。
3、細則または個人情報取扱規則を制定または改廃した場合は、この結果を全会員に知らせなければならない。
第36条(規約の実施)
この規約は、昭和43年5月9日より実施する。

平成13年4月1日 一部改正
平成20年2月29日 一部改正
平成23年5月13日 一部改正
平成26年3月7日 一部改正
平成29年5月1日 一部改正
令和2年7月1日 一部改正[第10条(役員と定員)、第22条(定期総会)、第25条(成立と議決)、 第31条(規約改正)] R2総会議案書参照

川崎市立下小田中学校PTA細則

第1章 役員・会計監査委員の選出・就任
第1条(選出)
役員・会計監査委員・各常任委員会の委員長の選出は次の通り行われる。
1、推薦委員会は運営委員1名以上、各常任委員2名、教員3名をもって構成する。
2、推薦委員会の委員は、互選により委員長を選出する。
3、推薦委員会の第1回召集は、会長が行い、それ以後は委員長が召集する。
4、推薦委員会は、3月総会の1週間前までに、定数の候補者と3名の会計監査委員候補者と各常任委員会の委員長候補者を推薦する。また、5日前までに、候補者のPTAにおける活動歴等を全会員に知らせる。
5、役員・会計監査委員の選出にあたっては、総会出席者の過半数の信任を必要とする。
第2条(就任)
役員及び会計監査委員は、4月1日に就任する。
会長に欠員が生じた時は、副会長の互選により1名が昇格する。これによって生じた副会長の欠員は補充しない。他の役員に欠員が生じた時は、運営委員が補充する。任期はいずれも前任者の残任期間とする。また、会計監査委員の欠員は補充しない。

第2章 常任委員会
第3条(種別)
常任委員会として学年・校外・福祉の各委員会をおく。
第4条(任務)
各常任委員会任務は次の通りとし、常任委員会は、必要に応じ委員長が召集する。
1、学年委員会
a 児童のよりよい成長のために保護者と学校の協力体制をつくるようにつとめる。
b 会員の親睦を図るために、各種の活動を行う。
c 会員一人ひとりが、相互に学習し、自らを高めていくことができるように研修会その他を企画・運営する。
d 会員等が学校・家庭・地域の連携の中で、子どもが健やかに成長することをめざし主体的に学習をする。(PTA家庭教育学級の開催)
e 会報誌などでPTA活動のようすを会員に伝える。
2、校外委員会
a 児童の安全指導にあたる。
b 校外生活における児童の保護育成にあたる。
c 地域と連携し、情報交換・情報収集にあたる。
3、福祉委員会
a 児童の福利厚生を図る。
b 教育環境の整備改善にあたる。
c 教育環境の整備改善をはかるために資源回収などを行う。
第5条(選出)
委員の選出は次のように行われる。
1、委員選出は原則、各学年より学年・福祉・校外委員それぞれ4名とする。ただし、選出の柔軟性や効率性を考慮し、学年ごとの人数調整をさまたげるものではない。
2、各常任委員会の副委員長は、常任委員より選出される。
3、新常任委員の選出は今年度中に行う。ただし新一年生は4月に行う。
4、各常任委員会には、教職員代表が若干名加わる。

第3章 専門委員会
第6条(種別)
必要に応じて、専門委員会をおく。
第7条(任務)
目的達成のために必要な活動を行う。
第8条(選出)
全会員より選出し、特に定員は定めない。

第4章 ボランティア部会
第9条(種別)
必要に応じて、下小田中小学校ボランティア部会をおく。運営委員の3分の2以上の賛成をもって、下小田中小学校PTAのボランティア部会とする。
第10条(任務)
活動については、構成員の話し合いによって随時決定する。
第11条(選出)
全会員より公募、またこの会の趣旨に賛同する者。特に定員は定めない。

第5章 雑則
第12条(賛助会員)
規約5条2項に規定する賛助会員は、運営委員会が認めた場合に入会することができる。ただし賛助会員は、役員及び各委員になることはできない。
第13条(会費の精算)
会費変更の際は、4月会費に限り、前年度決定額を納入し、5月以降の精算の際に精算することができる。
第14条(臨時総会)
規約第22条2項の場合は、署名をもって有効とし、運営委員会に申し出るものとする。
第15条(総会の議長)
総会の議長は運営委員があたる。
第16条(学級・学年活動)
常任委員は各学級・学年の各種活動及び学校行事に協力する。

第6章 細則改正
第17条(細則改正)
この細則は、運営委員の3分の2以上の賛成によって改正することができる。
ただし、改正運営委員会の5日前までに、運営委員に知らせておかなければならない。

第7章
第18条(細則の実施)
この細則は、昭和43年5月9日より実施する。

昭和46年3月12日 一部改正
昭和47年3月7日 一部改正
昭和49年3月4日 一部改正
昭和56年2月2日 一部改正
昭和60年4月25日 一部改正
平成2年1月13日 一部改正
平成5年12月1日 一部改正
平成9年2月15日 一部改正
平成12年11月4日 一部改正
平成16年3月1日 一部改正
平成17年3月4日 一部改正
平成23年2月22日 一部改正
平成25年2月1日 一部改正
平成26年3月7日 一部改正
平成27年2月6日 一部改正
平成27年9月7日 一部改正
令和2年7月1日 一部改正[第5条(選出)2、第9条(種別)] R2総会議案書参照

個人情報取扱規則

第1条(目的)
この規則は、川崎市立下小田中小学校PTA(以下、「本会」という。)の保有する個人情報 について、その適正管理に必要な事項を定めることにより、本会の適正かつ円滑な運営を図り、個人の権利利益を保護することを目的とする。
第2条(責務)
本会は、個人情報の重要性を認識し、個人情報保護法及び本規則に基づき、本会で取り扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行う。
第3条(個人情報の定義)
個人情報とは、生存する個人に関する情報であって当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述により特定の個人を識別できる情報をいう。
第4条(管理者)
本会における個人情報の管理者は、会長とする。
第5条(取扱者)
本会における個人情報の取扱者は、役員、委員会及びボランティア部会とする。
第6条(守秘義務)
個人情報の管理者及び取扱者は、職務上知り得た個人情報を、みだりに他人に知らせ、不当な目的に使用してはならない。その職を退いた後も同様とする。
第7条(個人情報の取得)
本会は、個人情報を取得する際は、あらかじめ利用目的を定め公開し、原則として本人から直接取得する。また、円滑なPTA活動を行うために以下の情報を取得する。
(1)会員の氏名、連絡先(住所・電話番号・メールアドレス等)
(2)会員の子供の氏名、クラス、出席番号
第8条(個人情報の利用目的)
取得した個人情報は、以下の目的のために使用する。
(1)PTAの活動における連絡
(2)名簿の作成、当番・分担表等の作成及び配付
(3)会費の集金及び管理等
(4)広報誌・ホームページの作成などにおける写真掲載等
(5)関係機関及び関係団体からの依頼
第9条(個人情報の利用制限)
本会は、あらかじめ本人の同意を得ないで、第8条の規定により特定された利用目的の範囲を超えて個人情報を扱わない。
第10条(個人情報の管理)
個人情報は、管理者または取扱者が適正に管理する。また、不要となった個人情報は、管理者立会いのもとで、適正かつ速やかに廃棄する。
第11条(保管及び持出等)
本会の保有する個人情報は、漏えいを防止するために適切な状態を維持し保管する。また、取扱いまたは持ち出す場合は漏えい防止策を適切におこなう。
第12条(第三者提供の制限)
個人情報は、次の場合を除き、あらかじめ本人の同意を得ないで第三者への提供を行わない。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体または財産保護のために必要な場合
(3)公衆衛生の向上または児童の健全育成の推進に必要のある場合
(4)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けたものが、法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合
第13条(個人情報の共同利用)
本会は、川崎市立下小田中小学校と利用目的の範囲内で取得した個人情報を共同利用することがある。
第14条(第三者提供に係る記録の作成等)
個人情報を第三者(第12条第1号から第4号に定める場合及び、県、市、区役所を除く)に提供したときは、次の事項について記録を作成し保管する。
(1)第三者の氏名
(2)提供する対象者の氏名
(3)提供する情報の項目
(4)対象者の同意を得ている旨
第15条(第三者提供を受ける際の確認等)
第三者(第12条第1号から第4号に定める場合及び、県、市、区役所を除く)から個人情報の提供を受けるときは、次の項目について記録を作成し保存する。
(1)第三者の氏名
(2)第三者が個人情報を取得した経緯
(3)提供を受ける対象者の氏名
(4)提供を受ける情報の項目
(5)対象者の同意を得ている旨(事業者でない個人から提供を受ける場合は記録不要)
第16条(情報の開示等)
本会は、本人からの個人情報の開示、利用停止、追加、削除を求められたとき、法令に沿ってこれに応じる。
第17条(情報漏洩時の処理)
個人情報が漏えい(紛失を含む)した恐れがあることを把握した場合は、直ちに管理者へ報告する。
第18条(研修)
本会は、個人情報の取扱者に対して、定期的に個人情報の取扱いに関する留意事項について研修を実施する。
第19条(苦情の処理)
本会は、個人情報の取扱いに関する苦情について、適切かつ迅速な処理に努める。
第20条(規則改正)
この個人情報取扱規則は、運営委員の3分の2以上の賛成によって改正することができる。ただし、改正運営委員会の5日前までに、運営委員に知らせておかなければならない。
第21条(個人情報取扱規則の実施)
この個人情報取扱規則は、平成29年5月1日より実施する。

令和2年7月1日 一部改正 [第5条(取扱者)] R2総会議案書参照